Wait (STM32)

(2014.4.9 作成)

(2014.4.14 更新)

(2015.4.25 更新)

(2017.8.3 Update)

コンストラクタ

プロトタイプ

Wait

(

    const TIM_TypeDef *TIM,

    void (*ErrorCallBack)(const uint8_t &ErrorCode) = 0

);

戻り値

なし

引数

TIM

タイマー 詳細は下記参照

ErrorCallBack

エラー発生時に呼び出される関数を指定

備考

なし

タイマー(TIM)を使用してビジーウェイトを行います。マイコンにより設定できるタイマが異なります。

 以下の表を参照してください。

F3Discovery STM32F303VC TIM 1,2,3,4,6,7,8,15,16,17
NucleoF401 STM32F401RE TIM  1,2,3,4,5,9,10,11
F103C8T6 STM32F103C8 TIM 1,2,3,4

サンプルコード (NucleoF401版)

#include "DKS_Wait_NucleoF401.h"
#include "DKS_GPIO_NucleoF401.h"
#include "DKS_Util_NucleoF401.h"
 
int main(void)
{
    DKS::InitSystem();
    DKS::Wait wait(TIM9);
    DKS::DigitalOut led(GPIOA, GPIO_PIN_5,DKS::Push_Pull, DKS::Pull_Down);
 
    while(1)
    {
        wait.wait_100ms(5);
        led=!led;
    }
}

このサンプルコードでPA5 (LED)が1秒周期で点滅します。

 

サンプルプロジェクトの使い方はこちらのページを参照してください。